読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しおりんのりんりん日和

100万回だって生きたい女の子の毎日…

人生を後ろから数えてみたら、私はまだ生まれてもいなかった。

日々の気づきと記録 物申す しおりん

f:id:shiorinbiyori:20170108224153j:plain

 

だから今から何にでもなれるって話。

 

 

人生は後ろから考えてみました。

 

私の人生は80年と勝手に定義。

 

人間の寿命ほどわからないこともなくて、

生まれて数年で命を落としてしまう人もいれば、100年以上生きられる人もいる。

同じ人間なのに、人生の時間が100年以上違う。

そんな動物って、他にいるのかな。

 

私はもうずいぶん歳をとってしまったように感じる。

10代の子を見ると、まだ何にでもなれるなあ、羨ましいなあと思う。

 

でも、その考え自体が老化を促進しているし、私が「老い」そのものになっていると感じる。

 

私が今若いと思っている、何歳かしか違わない十代の子たち。

彼ら、彼女らは何歳まで生きるのだろう。

 

仮に、基準を100としてみよう。

 

彼女が2年後に亡くなってしまうとしたら、彼女はもう98まで人生を終えてしまっているんだ。

 

若い若いと思っていた数歳年下の薄命な彼女に比べて、私は76年も猶予があるのだ。

本当はどちらが若いのだろう。

 

そんな風に、もう生まれて何年経ってしまった…から人生を考えるのではなく、勝手に設定した人生の終わりから考えてみたっていいじゃない。

私の人生80年。

いや100年に設定しておいてもいいかもしれない。

 

2年後に人生を終えてしまう若い彼女よりも、ずっとずっと時間はある。

そう、私は、彼女からしてみれば、まだ生まれてすらいないのかもしれない。

 

そう考えたら、いつだってなんだって始められる。

 

50歳で何かを始めようと思うことがあったら、自分の寿命を130歳くらいだと思い込んでみたらいい。

まだ時間は80年あるのだから、なんだって始められる。

 

そんな風に生きていきたいな。